{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Misty

1,650円

送料についてはこちら

ミスティ / Misty メーカー: Helvetiq (スイス), 発行年: 2019年 作者: Florian Fay(フロリアン フェ) 6歳以上, 2〜4人, 所要分:20分, ルール難度:★☆(1.5) ミスティ:箱 『ミスティ』は、各自の手元で3×4のマス目上にカードを並べるあたり、並べ終わったときにカードごとの絵に応じた移動での〈重なり減点〉を抑えるべく、移動方向の組み合わせを考えて配置していくゲームです。 ミスティ:展示画像 物語 ある薄暗い、嵐の午後のこと。 あなたが、結露で曇った窓ガラスに指で落書きをしていると、なんとその落書きが次々に動き出しました。トラックは走り出し、ロケットは急上昇、葉っぱははらはらと落ちて行きます。おや?お花が大好物の怪物も動き出してしまったようです! 動き出した落書きを上手に組み合わせて、お花やにこにこ顔の絵をうまく守り抜きましょう! ゲーム内容 ゲームは前半と後半に分けて行ないます。前半では手元で格子状にカード12枚を並べ、後半ではカードごとに絵の効能で移動が発生し、その結果状態での得点を競います。 前半でカードを並べ終わったとして、後半から見てみましょう。 ミスティ:窓完成 マス目状に並んだカードのうち、上下左右方向の矢印が書かれたカードを、その矢印の方向に隣へと動かして重ねます。 ミスティ:カード移動 矢印カードが何枚かある場合には、どれから動かすかの順番は選べますが、必ず全てを動かさなくてはなりません。 動かしたカードが別のカードの上に重なると、その束はあとでまとめて捨てられ、得点無効の対象となってしまいます。 実際にカードを動かして、残ったものの枚数や並びに応じて得点を計算してみると… ミスティ:得点計算 このようになりました。 全員の得点集計を比べ、最多の人が+1勝利点を得ます。 …という後半を踏まえた「前半」 このような後半の結果を予測して、前半では、なるべく得点が減らないように〈手札から1枚カードを選んで、手元に3x4のマス目内に収まるように配置〉と〈全員で自分の手札の残りすべてを隣の人に渡す〉を繰り返していきます。 こうして前半→後半からなるラウンドを何回か繰り返し、先に2回目の勝利点を上げた人が勝ちです。 すごろくや様から拝借

セール中のアイテム